×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

良質な睡眠でダイエット&きれい

睡眠・・・人はぐっすり眠ることで空腹感と食欲のバランスとコントロールすることがわかってきています。寝ている間に出る 成長ホルモンの働きにより細胞の増殖とダメージがコントロールされています。質のよい睡眠は健康的な美しさとダイエット、美容、美肌に効果があるといえます。睡眠は食欲とも深い関係があって きちんと睡眠が取れていないと食欲を増加させるホルモンが増加するようになります。ある大学の実験では 一晩に4時間しか睡眠を取ってない人たちは高カロリー、高炭水化物の食べ物に対する食欲が通常の3〜4倍増えたという実験結果が出ています。体内の脂肪燃焼の抗肥満ホルモンは深い睡眠も時にたくさん分泌されます。睡眠不足はブドウ糖をエネルギーにする働きをかなり低下させます。質のよい睡眠なしでは体は太りやすく、ダイエットも無駄になるということです。睡眠不足などでストレスが溜まると食欲を増し、脂肪を溜め込むように脳に伝達するコルチゾールというホルモンが分泌されます。ですのでダイエットをしたいのであれば睡眠は必要不可欠なのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

夜更かし女はブスになる

美容にいい睡眠とは・・・睡眠はたくさんのホルモンの分泌と大ききかかわっています。睡眠のときに出る、成長ホルモンには優れた若返りに効果があって天然の美容液のように全身の細胞に働きかけます。成長ホルモンは代謝を促す太りすぎの防止のホルモンでもあります。質のよい睡眠はすっきりした目覚めをもたらす熟睡のことをいいます。十分なホルモンの生成のためには5〜6時間は必要で自分にあった睡眠時間を把握した毎日決まった時間帯に就寝することが大切です。先進国社会は睡眠の邪魔になる要素が多すぎます。24時間コンビニは開いていますし、接続すればテレビもインターネットも利用出来ます。慌ただしい生活が現代人の睡眠が質の低下をさせています。日本人はクヨクヨと考えやすいと言われています。睡眠を大切にしていくと生涯に渡って美容とダイエットを得ることが出来ます。いつまでも若々しく美しく美肌であるために良質の睡眠を手に入れてください。難しいことではありません。

眠って痩せる方法を自分のものにしてください。

はじめに自分にとって一番いい起床時間と睡眠時間を出してみます。出勤時間と支度の時間で個人差がありますので、理想の時間を割り出してみましょう。就寝時間を改めて安眠の妨げになるものを排除しましょう。寝るまえの1時間くらいはパワーダウンして就寝モードに入ります。メールやパソコンなどのデジタル類は視覚障害になるのでダメです。だんだんライトも落としていきましょう。カフェインを含む飲み物やアルコール類も眠りの妨げになっていることが多いです。アルコール類は代謝されると眠りが浅くなり睡眠のリズムを崩します。アルコール類を飲むときは脱水症状を防ぐために水を1Lくらい飲んでおきましょう。ぐっすり睡眠するためにはリラックス出来るように寝室の環境も大切です。睡眠の前に軽くストレッチをすることも安眠に導いてくれます。夕食にあまりボリュームのあるものをもってこないようにしてそのボリュームを朝食にもっていくようにしましょう。朝目が覚めたら軽い運動で体内のリズムを整えと更によいです。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 眠ってダイエット